Since May 27,2003
Last updated on February 25,2020

TO ENGLISH PAGE

To Fuyuhiko Tani Official Website


新着情報!!

Being & Timeが,シルバーエレファントに出演しました!!
なんと!アンコールが出るほどの大好評でした!!

会場 吉祥寺シルバーエレファント
公演日 2020年2月2日(日)
開場/開演 18:00 /18:30
料金:予約 ¥2,500 当日 ¥2,700
出演:Being & Time,FLAT1-22,曇ヶ原




※なお,今回より,ベーシストが塚越裕氏からすわべみのる氏に変更となりました。
すわべ氏は,私が20歳の頃からの友人であり,「カミナリ親父」という インスト・ハードロック・バンドで,
2枚のCDをリリースしている(すでに2枚とも完売です)テクニシャンです。
後任ベーシストの依頼からたった13日間で,見事にこなしました!!

このライブの我々の全映像はこちらからご覧下さい。
新生Being & Timeになってから,たった13日,練習は2時間の一回のみのライブですので,どうか大目に見てやって下さい


下記のライブに,Being & Timeが出演しました!!
「Prog Fest 変拍子祭り」です!!



会場 京都Blue Eyes
公演日 2019年11月10日(日)
開場/開演 17:40/18:00
料金:予約 ¥3,500 ペア予約 ¥3,200
出演:Being & Time,荘園,小林理沙トリオ,融解建築

このライブの我々の全映像はこちらからご覧下さい。
クオリティの高い映像で,公開から2週間で,視聴回数が200回を越えています!!
約40分もあるこの映像,現在,視聴回数は700回を越えています!!
セットリストは,以下の通りです。
1.Watchin' Your Inner Watch〜Freddy ver. 2.0〜The Concept of Time
2.Floating Brain
3.Kaza-Nami
4.Led
5.Another Sky


下記のライブに,Being & Timeが出演しました!!
大好評でした!!



(写真提供:Neo Atlantis 金子浩光氏)

会場 大阪クロスビート本町
公演日 2019年7月14日(日)
開場/開演 14:00/14:30
料金 ¥2,500
出演:Being & Time,Neo Atlantis,Ivory Tower

※なお,このライブにて,谷フユヒコの「Fuyuhiko Early Works “1987-1990”」のCDが多く売れました!!
このCDの詳細については,Fuyuhiko Tani Official Websiteにてご覧下さい。


「スナック電波@チキン」に,Being & Timeが出演しました!!
多数のお客様にお越しいただき,ありがとうございました!!



会場 神戸チキンジョージ
公演日 2016年9月26日(月)
開場/開演 18:30/19:00
料金 ¥2,000 (飲食代¥1,000別途要)
出演:Being & Time,andmo',ハッピー☆ターン


「テルミンナイト 菊池魂」に,Being & Timeが出演しました!!



※発売されたばかりのRolandのギターシンセサイザーGR-55の神髄を披露しました!!

会場 神戸チキンジョージ
公演日 2011年2月14日(月)
開場/開演 19:00/19:30
料金 ¥1,500 (飲食代¥1,000別途要)
出演:Being & Time,ハッピー☆ターン,クレマミム,theremin unit: and_more..
ゲスト:吉良知彦(ZABADAK),郷田祐美子(チェロ from Moment String Quartet )

吉良知彦氏(ZABADAK)が,ゲスト出演する豪華絢爛なプログレの夜


CD情報!!

●InterMusic/Museaから,世界的にCDリリース!!
難波弘之氏絶賛のデビュー・アルバム,2009年4月,遂に発売!!
「BEING & TIME」


InterMusic (IM-013) 2200円(税込)

21世紀の“知覚の扉”を開く強烈な音世界!
真のブリティッシュ・プログレッシヴ・ロックの後継者は,日本にいた!

by 難波弘之(センス・オブ・ワンダー/東京音楽大学教授)

【NEWS!!】このアルバムは,イタリアの ProgAwards 2009 のBest Debut Record 部門に,日本で唯一,ノミネートされました!!


このアルバムは,ユーロ・ロック・プレス誌(2009年8月Vol.42)でレビューされました。
宮坂聖一氏によるレビューで,10点満点中,期待度 9,メロディアス度 8,スリリング度 8,総合 8 です!!

このアルバムは,“New Gibraltar Encyclopedia of Progressive Rock”でレビューされ,絶賛されています。
また,このアルバムは,ウズベキスタンのサイト“ProgressoR”でレビューされています(五つ星です)。
さらに,このアルバムは,アメリカのサイト“ProGGnosis”で紹介されています。


※なお,2019年2月をもって,1000枚以上プレスした我々の日本盤CDは完売となりました。
 ありがとうございました!!
 もう新品・中古品の日本盤は,どこでも買えません。
 ちなみに,Amazonマーケットプレイスでは,2/25現在のところ,
 Musea盤の新品・中古品は,4000円以上になっていて(送料別),出品数も少なく,
僅少になっていますので,お早めにお買い求め下さい。


Musea盤新品・中古品CDのご購入はこちらから
なお,なぜかアダルトになっていて,年齢確認を求められますが,
「あなたは18歳以上ですか?」の問いに[はい]とクリックした上で,お入り下さい。


こちらは,すでにCD完売となっており,CD購入はできませんが,
非常に高い評価をしていただいた「御購入になったお客様の感想」などが見られます。



なお,日本のブログでは,
naoさんインスト・プログレさん,ひよりさんすわべさんCharleyさん Ten-forward Music Blog
などのブログで,絶賛されています!!
なお,naoさん,インスト・プログレさんは,2019年10月の最近になって,レビューしていただいたものです。


Being & Time ライヴ!!

“Being & Time”のYouTubeでのライヴ映像は,こちらから!!

【Being & Time 「レコ発」ライヴ 2009】
     7/11(土) 群馬伊勢崎Kenny's Cafe(このライヴは終了しました)
7/25(土) 神戸萬屋宗兵衛(このライヴは終了しました)
     10/4(日) 大阪西九条ブランニュー(このライヴは終了しました)
      11/29(日) 吉祥寺シルバーエレファント(このライヴは終了しました)

※群馬のライヴはAOさんのレポートやコトバの釣堀でのレポートがあります。
シルバーエレファントでのライヴは,すわべさんが写真入りでレポートしています。


2009年11月29日 吉祥寺シルバーエレファントにて
(写真提供:ハモスフォルテン 中島勝氏)


“Being & Time”とは

このユニットは,フユヒコと塚越の二人によって1990年頃に構想され,2003年に実現されたユニットである(現在は,ベースが怏zからすわべに変更)。
プログレッシヴ・ロックへの志向を持ちながらも,現代的な音作りを構想している。
二人のユニットによるジャズ・ロック的なアプローチに,ライヴではサポートメンバーを加え,
現代的なインストゥルメンタル曲を演奏している。
我々は常に本当の意味で“Progress”している。
言葉では伝えきれない我々の斬新な音楽を是非聴きに来て下さい。

      

谷フユヒコ(profile) (Guitar)          すわべみのる (Bass)
 Fuyuhiko Tani                   Minoru Suwabe
                                          

●我々の音楽を理解するために
ジャンル:Sophisticated Rock(based on Jazz Rock & Progressive Rock)
キーワード:King Crimson,Bruford,Allan Holdsworth,Jeff Beck,U.K.,YES,
PRISM,KENSO,Fence of Defence,難波弘之(特別画像あり)


 ライヴ履歴         
                     ↑
                          Being & Timeのライヴ映像が見られます!!


mixiにBeing & Timeコミュを開設しました。ぜひBeing & Timeコミュにご参加ください。
下のバナーから,どうぞ!!




FacebookにBeing & Timeページがあります。
下のバナーから,どうぞ!!



谷冬彦とMinoru Suwabeの個人ページもありますので,検索の上,友達リクエスト下さい!!


SUPPORT

                        
菊池 誠 (テルミン)              山口 昌澄(Guitar)            
 Macoto Kikuchi                  Masazumi Yamaguchi            
(理学博士(物理学),大阪大学教授)      (学術博士(心理学),高田短期大学教授)            

 
  河上 紗安香 (Voice)
  Sayaka Kawakami
  (姫)




関連HPへのリンクです!


メールを送る場合は,以下をクリックして下さい。



バナー2種類あります。リンクにお使い下さい。