谷フユヒコ  オフィシャルサイト




プログレの師である難波弘之先生と
(2019年4月19日 神戸チキンジョージにて)


谷フユヒコが,プロ・ミュージシャンを目指して活動していた頃に,数々のコンテストやオーディションで認められた
過去の曲をリマスタリングして収録した「Fuyuhiko Early Works “1987-1990”」のCDが2019年7月に発売予定!!
乞うご期待!!


<谷フユヒコ プロフィール>

出身地:群馬県
出身高校:群馬県立前橋高等学校
出身大学:中央大学文学部哲学科心理学専攻
出身大学院:群馬大学大学院教育学研究科学校教育専攻修士課程,新潟大学大学院現代社会文化研究科日本社会文化論専攻博士課程
職業:神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授。文学博士(心理学)。

13歳の頃から,ギターを始める。前橋高校在学中の18歳の頃には,楽器店会場で行われたギタークリニックにて,和田アキラ氏とかけ合いでギターソロのアドリブ演奏をする。
中央大学文学部在学中は,「ジェット・フィンガー」という異名を持つ日本一の早弾きギタリストである横関敦氏に師事する。
一人で多重録音した曲で,1988年の「ローランド・ニューエイジミュージック・コンテスト」, 1990年の「ヤマハ・ワンマンバンド・カーニバル」において,全国大会出場を果たす。特に,前者では渋谷公会堂のステージを一人で踏む。
また,1989年には,難波弘之氏のバンドである「センス・オブ・ワンダー」のベースのオーディションにおいて,最終選考の4人にまで残る。
さらに,1990年には,B'z,小室哲也,BOOWYなど,多くのロック・ミュージシャンを手がけたプロダクションである「ビーイング」のオーディションで優秀者として選ばれ,プロデューサーになることを強く勧められる。
しかし,音楽業界の商業主義に基づく論理と,自分自身の音楽に対するポリシーとの間にギャップを感じ,次第に音楽自体に興味を失ってゆく。
一方で,なぜか学問への関心が高まり,音楽の道をあきらめ,学問の道を歩むことになる。

10年ほどの時を経て,学者として地位を得るが,再び音楽に目覚める。
そして,2003年より,昔からの友人である塚越と“Being & Time”として,本格的に音楽活動を再開し,現在に至る。

◇Favorite Guitarists◇ Allan Holdsworth,Jeff Beck,横関敦,和田アキラ,Bill Connors,Greg Howe,Eric Johnson,John McLaughlin

◇Guitar◇ Valley Arts S7Ibanez AH-10Ibanez AH-10 Custom Model(“ITALY'86” Model)Brian May Guitars Red SpecialFender BroncoFender U.S.Cyclone



Top Page へ